まめに靴をチェック

靴修理をしたいものの靴修理が不可能という事態になるかもしれません。そのため、あらかじめ知っていただきたいのは靴ダメージの具合です。出先での靴トラブルが発生してしまう前には、靴修理というモチベーションが大事です。

まずは、一番目立つアッパー(靴上部)の傷です。とくにつま先部分は判っているけど、靴修理に出すまでもない、我慢しておこうと思う部分ではないでしょうか。キズ補修用のクリームでなんとか誤魔化している人たちもいらっしゃるのかもしれませんが。大きな傷をつけてしまったら、とうてい靴修理に出しても無理と思ってしまうのかもしれませんが、そのような靴も一度相談してみてはいかがでしょうか。

大事なのは、靴修理と関われる意識だと思うのです。そして、普段私達があまり気にしない部分まで配慮する姿勢も大事です。ソール(前底)はほとんど放置されてしまう場所です。しかし、普通に考えても一番ダメージがたまる場所ってここですよね。靴を労る意識って、ここからスタートするのかもしれません。こまめに状態をチェックして傷みがあれば靴修理をしてもらう姿勢が大事です。

あとはかかとです。底と同程度負担がかかり、比較的目に見える場所といえばここです。あまり減りすぎていると修理の方法によってはかなり負担がかかるので注意しましょう。