靴修理の方法

いい靴でもずっとそのまま履き続けることって出来ないのです。私達は、だから定期的に靴修理をするモチベーションを持つ必要が出てきます。でも、靴修理って一体どこまでしてくれるものなのでしょうか。ちょっとだけ代表的な靴修理の方法を解説しましょう。

まず、スポーツシューズという場合、 日々仕事で使用されている靴など、見事にかかとが削られていたりします。そのとき、デザインに合わせて削り、接着剤を均一に塗って行きます。そして、新しいゴムを隙間ができない様に接着して行きます。綺麗に削って形を整えて完成です。

高級紳士靴の場合では、まず土台の削れた部分を平らに削って、接着剤を均一に二度塗りします。そして、土台の材料を隙間ができない様に接着して、 肉盛り部分を大まかに削り、そして、釘によって補強をして行きます。接着剤を二度塗りします。リフト材料の貼り付けをし、 リフト材料との段差を無くして行きます。そして、しっかり磨き、行程は手作業で行われていくことになります。

靴修理には、長年の経験実績をもった職人たちがいます。そのような人たちと靴を通して関わっていくというのもなんだかとても楽しい感じではないでしょうか。