靴修理の店でインソールの交換をしよう!

お気に入りの靴に穴が空いてしまった時や、つま先やかかとが壊れてしまった時は、靴修理に出せばきれいに修復されます。そして、靴修理の店ではインソールの交換も請け負ってくれます。「インソールの交換くらい自分でできる」と思う人もいるかもしれませんが、専門家に任せることのメリットはたしかにあります。以下から、靴修理におけるインソールの交換について説明していきます。

靴修理のメニュー

靴靴修理のメニューはたくさんあります。スニーカやブーツのファスナーが壊れた際やヒールが折れてしまった時はもちろん、削れたつま先を補強したい場合やすり減ったかかとゴムを交換したい場合も靴修理の店で対応してくれます。靴底の修繕に関しても、靴底の前半分を交換する「ハーフソール」や靴底全体を全て交換する「オールソール」といったものが靴修理のメニューにあります。特に、靴底の劣化が全体に及んでいる靴は、オールソールが施されることではき心地が一段とよくなります。

また、靴をはいた時のフィット感がいまいち気に入らないという場合や靴擦れがひどくて困っているという場合は、靴修理ではき口を補修してもらうことで、はき心地を改善させることができます。靴が小さくてきつく感じる場合も、靴修理で靴サイズを足の幅に合わせてもらうことができます。

そして、靴修理の中にはインソールの交換もあります。靴修理にインソールの交換を頼むことで、靴にぴったりと合ったインソールができあがり、はき心地が上昇します。靴のサイズが大きい場合も、インソールの厚さで調整することができます。もとのインソールとは違う色や素材を選ぶことで、靴を一新することもできます。

インソールの交換にかかる費用と時間

靴修理にかかる費用は店によって異なります。安い費用で素早く仕上げることをモットーにしているところもあれば、時間をかけて丁寧に修理をする分費用が高くつく店もあります。インソールの交換についていえば、かかる費用は安くて1000円程で、高くて4000円程です。もちろん、高い費用を払えば、より靴のサイズにあったインソールを仕上げてくれることが期待できます。

そして、靴の種類や大きさ、インソールの素材によっても費用は異なります。交換するインソールの素材として、一般的には合皮よりも革の方がやや高額になります。革のインソールは合皮のインソールよりも長持ちすることが期待できます。インソールの交換にかかる時間として、依頼したその日にインソールを交換してくれる店もありますが、靴にフィットしたインソールを作るために3日か4日かかる店もあります。店によっては、できあがった靴を郵送してくれるところもあります。高い技術を持つ熟練の靴職人が修理を請け負っている店も多くあります。靴修理を店に依頼する際は、あらかじめサービス内容を調べておくことをおすすめします。

大切な靴のインソールは専門家に交換してもらおう!

インソールの交換は自分でもできます。様々なサイズのインソールを靴屋やインターネットで簡単に手に入れることができ、100円でもインソールは販売されています。抗菌で消臭効果のあるものやふんわりとしたクッション性のあるものもあり、市販のインソールはバリエーションに富んでいます。インソールを固定させる接着剤も販売されています。古いインソールを剥がし、新しくかってきたインソールをカットしてサイズの細かい調整をして、それに接着剤を塗って靴の中に貼り付ければ、インソールの交換は完了します

しかし、古いインソールを剥がす際にはその下にあるクッション材の破損に気をつけること、インソールが靴にフィットするようにカットするためには型紙をとったほうがいいことを考えると、インソールの交換を完璧にすることは素人では困難です。また、接着剤の量が少なかったり、接着剤がインソールに正しくついていないと、歩いているうちにインソールが剥がれやすくなる可能性があります。使い捨ての靴でなく、気に入ってはいている大切な靴ならば、インソールの交換は靴修理の専門家にしてもらうことをおすすめします。

インソールを交換することは足のためにもいい!

靴の中のインソールは汗や摩擦で傷みやすいものです。毎日はいている靴であれば、インソールの傷みや汚れは特にひどくなります。革靴やブーツの場合、靴の中にあるインソールが汚れていても目立たないかもしれません。しかし、パンプスやサンダルの場合は、脱いだ時にインソールの汚れが目につくので、汚れを感じた場合はできるだけ早くに交換する必要があります。

インソールそして、インソールが擦り減った靴を無理に履き続けていると、足の裏に負担が生じて、豆ができることなどもありますので、足のためによくありません。また、汚れたインソールには菌が繁殖しやすく、足の裏が臭くなる原因にもなります。さらに、靴の中にある菌が水虫を引き起こすリスクもあります。汗をかきやすい夏はもちろん、冬でも人体は汗をかきますので、季節に関係なくインソールは汚れます。抗菌や脱臭を謳っているインソールを使用した場合も、長期間の使用で効果が薄れることは当然あるので、足の衛生を守りたいならば、インソールの交換は定期的に意識してすることをおすすめします。足に匂いが染み付くと、どれだけ洗っても臭みが取れないということもありえます。

さらに、インソールには重要な役割があります。インソールは足の裏から脚全体の骨を支えて、地面と足が接着する際の衝撃を和らげる役割を担っています。スポーツをする人はもちろん、よく歩く人も靴のインソールが自分に合っていることが、パーフォマンスの質を向上させることや足の健康を維持することにつながります。外反母趾や開張足などの人も、インソールを調整することで足の骨格を矯正して歪みを正す効果が期待できます。また、インソールが自分に合っていると、O脚やX脚の予防・改善にもつながります。靴修理の店で正しいサイズのインソールに交換することは、足の健康や美容の上でも効果的なのです。

インソールの交換は靴修理に頼んだ方がお得!

お気に入りの靴で、インソールを交換して長くはき続けたい場合は、インソールの交換は靴修理に依頼することをおすすめします。他にもアッパーやかかとの部分も依頼することもおすすめします。自分でするよりも手間と費用がかかるかもしれませんが、専門家に頼んで自分に合った靴を仕上げてもらうことで、足の健康を守ることはもちろん、足の裏から美容対策をすることも期待できます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket